50代おじさん日々のブログ

大阪在住の50代おじさんの日々の出来事を語りたいです

科学ネタ

鬼界カルデラの噴火予知へ科学チームのメスが入ります。

投稿日:2016年9月18日 更新日:

本日WEB上のニュースにて鬼界カルデラなる言葉に行き当たり、興味をそそられて少し調べて見ることにした。

近々本格的な調査を早急に進めるそうです。

海の底の活火山鬼界カルデラ

九州南部の海底に存在する直径数十KMもの噴火口を持つカルデラ型の海底火山の名称である。図面見てみると、非常に危ないところに位置しているのがわかると思います。

20130314_02


そもそもカルデラってマグマが飛び出した後の空間に地盤が落ち込んだ穴との認識でした。

つまりここは地下から地盤の割れ目の通路を伝って、マグマがせりあがってりたまり続けている噴火口そのものとの事で、認識は当たっていると思う。

そしておよそ7000年前、この鬼界カルデラが噴火のレベルでも極大の破局噴火を起こし、九州全土を壊滅および日本中に火山灰が降り注大きな被害を及ぼした事がわかっているそうです。

また九州南部で高度な文化を築いていた民族の痕跡が、忽然と消えてしまった事に関係しているとのミステリーな話もあるそうです。

その噴火パワーの規模はあの雲仙普賢岳の噴火の100倍と言えばだいたい想像つくでしょう。

とまあ上記はWEB上の情報の受け売りなんですが、このとっつもない海底火山は今なお活発な動きを見せる活火山であとのことです。

私の今までの常識では、海の中にこんな巨大の噴火口があるなんて思っても見ませんでした。

位置的には薩摩硫黄島や竹島あたりに当たるそうです。

なぜ今調査に乗り出すのか

先ほど7000年前に大噴火したことがあると書きましたが、この破局噴火は7000年ー10000年のサイクルで繰り返されるとされているそうで、そろそろ危険期にさしかかる計算になる様です。

つまり今回の調査は詳しく現在の様子を調査することで噴火予知のデータを収集するのが目的のようです。

近頃の九州の地殻の不穏な動きと相まって少しでも予想防災に役立てようと調査に乗り出す様です

調査方法は海中で圧縮空気を使う方法らしいが、これから5年に渡って続けられるそうで 日本の地震予測研究にとって貴重なデータを採取する絶好の機会になりそうです

まとめ

とまあ想像もつかないほどの自然な力ですが 、やはり少しでも予測技術があがる事は防災上絶対有効なんで是非調査を成功させてほしいと思います。

PC

スポンサーリンク

PC

スポンサーリンク

-科学ネタ

執筆者:

関連記事

惑星ニビル接近のウワサ本当のところどうなのでしょうか?

今回はもはや都市伝説となっている未知の惑星Xニビルについて調べて見ました。 近頃この天体ニビルが大接近の噂があり、都市伝説的な噂話だろうとは思いましたが、少し好奇心がわきましたので調べてみました。 引 …

中性子星が地球壊滅の原因になるのは遠い未来の話の様です。

前回のブログ記事にてベテルギウスの超新星爆発の事にふれましたが、今回はその後の話になります。 超新星爆発後に残る特異な天体中性子星とは 超新星爆発自体も廻りの天体に壊滅的な影響を及ぼしますが、その後に …

エウロパに関するNASAの発表で地球外生命体存在が夢でなくなるかも?

目次1 エウロパに関するNASAの発表とは2 最大の関心事である生命体の存在は?3 まとめ エウロパに関するNASAの発表とは 数日前から世間を少なからずさわがしていたエウロパに関して、とうとうNAS …

ブラックホールへの入り口である事象の地平線では時間さえも止まってしまいます。

ブラックホールの事を解説するサイトで、頻繁に出てくる事象の地平線の事に、少し興味がわいたので調べてみました。 事象の地平線の概略 サイトの解説にブラックホールの中心である特異点の廻りには内と外を隔てる …

スーパーフレアで人類滅亡なんて事は映画の中だけの話の様です。

NASAは常に太陽の活動を監視しているわけですが、その中で度々起こる太陽フレアに着目監視を強化しています。 これはこの太陽フレアが放つ放射線や電磁波が、船外活動をおこなう宇宙飛行士の体や電子機器に多大 …

当方大阪在住のサラリーマンです。
日頃感じた疑問や好奇心を語ろうと
当ブログを立ち上げました。
息抜きの趣味である釣りの情報も
併せて発信しています。
どうぞよろしくお願いします。
yonesan29@gmail.com